あんにんブログ。

ディズニー、カメラ&写真、グルメ、日常などなどを自由に綴っています♪

悪天候のディズニー写真。曇りこそシャッターチャンス☆

こんにちは☀

今日はお仕事休みの日~台風だし休みで良かった!

 

さて、そんな天気の悪い今日は、悪天候でも楽しめるディズニー写真をほんの一部のせていきたいとおもいます(^^♪

 

私も最初は天気の良い日だけが写真日和と思っていたのですが、曇っている日も絵になる写真が撮れることが分かったのでシェアしていきます(^^)/

 

まずはアラビアンコーストから~

 

f:id:annin94:20180728072604j:plain

この日は超どんより天気の日で、でもどうしても写真が撮りたかったので工夫してみました。ホワイトバランスを電球に下して且つ紫色を多めにふって、大胆で非現実的な空の色に!普通に撮ると空が真っ白でぽっかり空間か出来てしまうんですけど、色味を入れることで雰囲気を出しております。

 

ロストりバーデルタはこんな感じ~

 

f:id:annin94:20180728072642j:plain

 

f:id:annin94:20180728072705j:plain

 

もう天気が悪い時の建造物はひたすら明瞭度上げてバリッバリの絵にしちゃいます。(笑) 2枚目の魚眼で切り取った写真は我ながらお気に入りです!とにかく魚眼気に入ってる私です。20歳の時、友達から誕生プレゼントで貰ったんですけど、その子に大感謝です☺

 

お次はポートディズかバリー✨

f:id:annin94:20180728072754j:plain

 

f:id:annin94:20180728072848j:plain 

夜だと正直晴れでも曇りでもあまり影響はありませんが、この雲の模様をハッキリ写すようにしてます。晴れているときは雲がない為、雲模様を撮ることが出来る貴重なチャンスですからね♪ ここの景色は未だにストームライダーが蘇る地なので少し切ない気持ちになります(-_-)

 

悪天候時撮影のコツは?

悪天候時の一番の問題は青空がないことです。

特に、青空の中に綿あめのような雲がある日は写真の3分の2を空にしても変にはなりません。

 

f:id:annin94:20180728180033j:plain

 

こんな風に写真の半分が空や海ですが、全く殺風景な印象は受けません。

 

ですが、曇りの日に同じことをすると写真の上半分が真っ白になり、一気にバランスが崩れます。また、海の色も黒っぽくなるので曇りの日は今のような絵の切り取り方は向いていないというわけです。

 

悪天候の時は空を極力入れないようにしましょう!!

 

ロストリバーデルタの写真は特に空が入らないようにしていますし、

アラビアンコーストはあえて雲に少しだけ明暗があったので、色が乗るようにしてグラデーションぽくなるよう撮影しました。撮った後に編集したわけではありません。

 

f:id:annin94:20180728175934j:plain

 

ディズにーの写真ではありませんが、こちらも空を極力入れないようにして撮影しました。

なるべく空を銀杏で隠して、その下の紅葉や池などに目がいくような工夫です。

 

今の写真のように、空を入れないということは、少しローアングルからの撮影もオススメです。

被写体+空が難しいので、道や地面+被写体という、なるべく真っ白い部分を無くした構図にすると寂しくなくなりますし、いつもは見ない視点なので見る人もおっ!となります(^^♪

私は晴れ女なので悪天候ディズニーは殆ど体験したことありません。(笑)

リフレクションが撮りたいが為に、敢えて雨が降る予報を狙っていったのにまさかの降らないパターンも多かったくらいです・・・( ;∀;)

 

でも、それだけ晴れ以外の写真撮影にも魅力があると思っています♪

ディズニーだけに限ったことではないですが、ぜひ写真を撮る方々は天気の悪い日こそみんなが撮らない写真が撮れると思って者レンジしてみてくださいね☺